Results tagged “boomer”

MT4.1リリース

  • Posted on
  • by

RC2が公開されたと思うまもなく、MT4.1の正式版が公開されました。早速アップグレードして記事を書いています。
このタイミングでリリースしたという事は、あさってのhackathonで新機能祭りをやろうということですね。僕も参加します。楽しみです。

全体的な印象として、がっつり変化したMT4.0の時よりも、ちょっとした管理画面のレイアウトの変化など、細部までこだわった観が感じられます。すばらしい。

夏のMT4公開時の技術者カンファレンスでBrad Choateは、MT4.1or2で「カスタムフィールド」「テンプレートセット」「リビジョンログ機能」を追加したいと語っていましたが、このうちの二つが早くも実現したことになります。すばらしい。

これからもすばらしいソフトを作り続けてください。開発チームのみなさま、お疲れ様でした!

MTSetHashVar | テンプレートタグリファレンス

MTSetHashVarというブロックタグが追加されるらしい。
ブロックタグ内でのMTSetVarタグの振る舞いが、特定のハッシュのキーに対する代入に相当する動作になる、という便利そうなタグだ。詳しくは上のリンク先のドキュメント参照してください。

しかし、現在のリポジトリ上の最新のコードで、MTSetVarsと組み合わせて使うことが出来ない。

これは今のところダメ↓

<mt:SetHashVar name="zep">
    <mt:SetVars>
        vocal=plant
        guitar=page
        bass=jones
        drums=bonzo
    </mt:SetVars>
</mt:SetHashVar>
...
<mt:var name="zep{drums}">   #うまく代入できておらず、出力が空文字列になってしまう

こういった書き方が出来る事を期待して、後輩の前でかっこよさげに月の表示を陰暦で書き出すというカスタマイズを「かんなづきいー」とか叫びながらやってみたところ出来なかったので色々となっかりした。

そういえば、各種日付フォーマットも外から弄れないので、何とかしたいですなあ。

とりあえず後先考えずに入れ替えてみた。巷で言われていたようなアップグレードでのエラーも無く、すんなり。

色々弄りたいけど、鼻炎止めのクスリが効いてやたらと眠いので今日はこれまで。ぐー。

ついに公開されたMTOS。本家MTから削られる機能は無いどころか、機能追加された最新版がオープンソースとして公開される模様です。
あちこち機能追加があるようですね。色々仕事そっちのけで触ってみていますがおもしろいです。

テンプレートタグも、結構な数が追加されているようです。以下、特に気になったいくつかのタグを、実際に試してみました。

mtosがベータテスト開始

  • Posted on
  • by

boomer20071212_2.pngついにMTOS(オープンソース版のMovable Type)のベータテストが始まった模様です。
早速インストールしてみましたが、新規のインストールでは、特に致命的な問題も無く動いている模様。

ナイトリービルドをダウンロードすると英語版となりますが、subversionのリポジトリからexportして自前でmakeすれば日本語版のパッケージを入手することも可能です(もともとログインユーザーごとに言語設定できるので、大きな違いではないのですが)。MTのパッケージのmakeについては、こちらに解説があります。


boomer20071212_1.png

Movable Type Open Source - MovableType.org - Home for the MT Community
Anil Dashの、これまでのMovable Typeの歩みと、オープンソースにいたるまでの経緯についての記事が公開されています。興味深いので、あとでゆっくり読みたいと思います。英語ですが頑張ります。iKnow

記事の最後、MTOSについての簡単なFAQがあったので、雑ですが訳してみました。

  • MTOSには、Movable Type 4.0 の全ての機能が含まれています。さらに、細かい追加機能やバグフィックスを含みます。
  • MT4で動作する全てのプラグイン、テーマ、テンプレート、デザイン、そしてAPIは、MTOSで動作します。MTOSは、また、memcachedのような他のSix Apart製のオープンソース技術と連携します。
  • MTOSは、ビルトインの機能だけで、無制限のブログの運用、無制限のユーザーの登録、OpenIDでのサインインが可能です。MTOSは、プラグインを必要とせずこれらの要件を満たせる、唯一のオープンソースのブログツールの一つです。
  • 商用ライセンスのMovable Type にお金を払った人には、技術サポートや、プラグインやテーマなどのカスタムのアドオンを通じて、更なる利益を還元していきます。
  • MTOSは、私たちが販売するMTプラットフォームの上位にあたる、Enterprise SolutionやCommunity Solution、個人、商用ライセンスのような、技術サポートを含む有償のソフトウェア製品に補完されています。
  • MTOSのコードを取得するための公開のSubversionリポジトリと、ナイトリービルドがあります。
  • 公式の安定版がリリースされれば、movabletype.orgでも公開されるでしょう。
  • あなたがMTOSプロジェクトとMTのコミュニティに貢献する手段は、movabletype.orgで見つけられるでしょう。
  • MTOSのサポートは、コミュニティのメンバーによって提供されます(新しい Movable Type Wikiは、良いスタート地点です)。Six Apartからのプロフェッショナルなサポートを希望する場合、既存のMovable Type 製品の有償標準ライセンスを購入することが可能です。
  • Movable Type Open Sourceは標準GPLライセンスの下にリリースされています。
  • 私たちは、他のオープンソースプロジェクトでの、MTOSの全体または一部の再配布と再利用を、歓迎し、また、応援します。あなたが一緒に仕事をしたいなら、コンタクトください。

詳細は、こちらで確認してください、とのこと。